インドのピラニア

野球・相撲 時々その他 自由きままに書く インドのピラニアのように

初心者に見て欲しい!! 日米野球 アメリカチーム参加選手 簡単にまとめてみたよ!! (前編)

すみません。6月から続けているブログですが、2回目の投稿となりました。

 

前回なんですけど、はしゃぎすぎて自分の胃腸が弱すぎるという趣旨の投稿しちゃって、友達に「ますますスーモが分からない」としっかりジャブ貰いました。今回はマジメな投稿です。

 

まぁ、メジャーリーグ観ることが趣味の1つでして、もう6年目になってしまいました。ダルビッシュが海を渡って本場に行って「良い機会だしちょっとばかし見てみるか」と上から目線で見てみたら、

 

とんでもねぇ奇跡がバンバカ出るわ(イバニェスのプレーオフのHRとかバティスタのバット投げとか)、全然プレーが緻密だわ、オジー・スミスのプレーが魔法使ってるわで、「これはアカン。ベースボール恐るべし」と30年越しにヤクルトのホーナーを初めて見たサラリーマンの気持ちになりまして、奇しくも統一球でプロ野球が低迷している時だった。というのもあり、今までこのようにメジャーリーグを追いかけてます。

 

そんなメジャーリーグが、今年海を渡って来るんですよ。

 

11月の日米野球で、4年ぶり、野球界のエベレストの一角が。

 

オリンピックと同じスパン・俺に取っては五輪より大事な野球。こうしてはおけんと思い、参加者の簡単な説明だけでも、自分なりに二つ名と、パワプロ風能力査定で分かりやすく(?)このブログを書こうと思ってる訳です。また、本家パワプロにはない、「今回の日米野球に来たことがどれだけアツいか」を表す「アツさ」という査定も加えてみました。今回まだ野手のみ発表されてるんで、野手だけさっとまとめてみました。長文で見づらいかもしれませんが、ご容赦頂けると幸いです。

 

 

【捕手】「MLBドカベン」   ヤディアー・モリーナ     (36歳)                                                                                                                                                                                                       f:id:mochan9393:20180910213730j:plain

ミート(C)/パワー(D)/走力(G)/肩(A)/守備(S)/アツさ(A)

 

これは来ちゃったね。頂が。スーパーキャッチャーが今回初参戦ですね!!

 

カージナルスの魂・プエルトリコの英雄とも言えるこの男が、日本の水道橋に足を踏み入れると!!!!

 

この人はまぎれもなく野球の頂に居る一人と言って良いと思います。リード・肩・守備 全てにおいて文句なし、モリーナのサインに首振ったらアメリカ人でも「空気読めよ・・・」感が出ちゃう位の大物です。モリーナの事認めていないメジャーリーガーなんて居ないんじゃないかな・・・。何しろ全盛期はモリーナが居ないだけで、チームの勝率が1割下がるデータも有るくらいの影響力。チームに最も居て欲しい人材。

 

打撃は若手時代、巨人・小林よりちょっと打てるくらいでしたが、今はチームの中軸張ってますから油断できないですね。大振りより、ムダ無くスイングして打球を90度どこでも飛ばすタイプです。

 

気持ちドカベンよりは打てないですし、足の遅さは一緒ですけど、守備の信頼感は絶大です。何度WBCアメリカ・日本・ドミニカが泣かされてきたか・・・。年齢面から最初で最後の日本来日、大注目ですね!!

 

 

【一塁】「ドミニカからやって来た『柱の男』」 カルロス・サンタナ (32歳)

 

f:id:mochan9393:20180910220024j:plain

ミート(E・出塁A)/パワー(B)/走力(F)/肩(C)/守備(D)/アツさ(C)

 

他の男に吸収されそうな名前の男だし、世界を代表する歌手と丸かぶりしてしまうが、長年MLBから追いやられずに、現在20億円以上の大金を貰う、確かな実力を持つ男だ。

 

スイッチヒッターで便利な上に、好球必打・低打率でも塁に出るのがピカイチなので、この男、あまり足が速いとは言えないのに、時々打順1番とか打ってる時もある。変わり種というか、今のMLBで重宝される人物。毎年怪我をせず、きっちり25HR前後打ってくれる。今年も前半は大分不調だったが、後半戦でようやく戻してきた。不調が長引くタイプでもある。

 

ちなみに、wikipedia調べてみたら、心配になるくらい落ち込んでました。何で????

f:id:mochan9393:20180910222119p:plain

 

 

【二塁】「モテモテな日本大好き男」ウィット・メリフィールド (29歳)

f:id:mochan9393:20180910222552j:plain

ミート(C)/パワー(C)/走力(A)/肩(D)/守備(C)/アツさ(E)

 

さわやかイケメンの遅咲き男。ここんとこ赤丸急上昇中で、内野・外野ほぼ全てを守れる(とはいってもほぼ2塁)上に、課題だった出塁能力の低さも今年向上を辿り、去年の盗塁王・今年も盗塁王を視野に入れている(現在31個)

 

ひょっとして見たことある人も居るかもしれない。今年の元日にショットガンタッチで裸になり、女子から黄色い声援を受けていたからだ。

f:id:mochan9393:20180910224022j:plain

黄色い声援を受けているのは、女子だけではない。今季のトレードはメリフィールドにラブコールを送るチームだらけで、引っ張りだこの状態。ただでさえ複数守れる上に、29歳の働き盛り、加えてMLB3年目。まだ年俸が安く、チームの負債になりにくいからだ。そりゃ欲しいね。

 

しかしね、うーん・・・。地味なんですよ・・・・・・。

 

良い選手なのに・・・。青木とも、チームが強かった時にもあまりかぶってた訳じゃないからどーもね・・・。現地でも「ゑ??????」と言われかねない知名度なので、ここは一つ異国で発奮して!!

 

 

【三塁】「知名度0の現打点王」エウヘニオ・スアレス (27歳)

f:id:mochan9393:20180910225250j:plain

ミート(C)/パワー(A)/走力(D)/肩(D)/守備(D)/アツさ(F)

 

もーーーーー地味・・・!!大分地味な良選手です。恥ずかしい話ですが、スアレスをがっつり意識して見た事ってない気がする・・・。いや、これ恥じゃないって!!見てない人一杯居るって!!!!レッズなら「世界一手強い打者」ボットーと「神の足を持つ男」ハミルトンが尖りすぎて、そっちばかり目が行ってしまいがち。いつの間にかMLBに定着していて、いつの間にかタイトルに絡んでいた。

 

ただ、とても良いバッター。毎年出塁・HR・打率を上げてくるし、弱点がみるみるうちに無くなってきた。ただ、結構エラーしていた時もあったので、守備面の査定は間違っているかもしれない。日米野球のダークホースとなる可能性大。

 

でも、年齢詐称の噂とかは出ていないけど、

ホントに27歳か・・・??ちょっと老け顔過ぎひんか・・・????

 

 

【ユーティリティ】「最もシビれる 崖っぷちからの大逆転」クリス・テイラー (28歳)

f:id:mochan9393:20180910230558j:plain

ミート(D)/パワー(C)/走力(B)/肩(C)/守備(B)/アツさ(B)

 

一歩間違えたら日本球界に来てたかも、それどころか「こんなバッター要らないよ」と日本球団に門前払いを食らいかねなかった大逆転男。なにしろマリナーズ居た時代はHR5本以下・打率2割前半、それどころか大学時代からシーズンでHR2桁打ったことがないバッターだったからだ。

 

それが今や去年21HR・今年現在15HRとドジャースの核となり、またユーティリティとしてポジションを選ばないというスーパーマンになってしまった。

 

理由はというと「フライボールレボリューション」という現在のMLBを賑わす理論(徹底的にフライを上げていこうという考え)にガッチリフィットし、意図的にHRを狙うようバッティングスタイルを変えたからだ。

 

「日本人にはパワーが無いから合わない」という考えの人も居るかもしれない。しかし、テイラーは間違いなく日本人と比べてもパワーがある方では無かった。覚醒前は、MLB3年合計僅か1本。城島がルーキーで18本・野茂ですらキャリア通算とはいえ2HR打っているのに。もっと言えば西岡は0本だが・・・・・・

 

元々守備は派手では無いが、堅実でしっかり遊撃を守る守備型の選手なので、守備に注目するのもオススメです。

 

 

 

とまぁ、ざっとこんな感じです。気持ち初心者に分かりやすく書いたので「こんなの知ってるよ!!」と思う方は申し訳ございません。

 

あと、選手が多いので、前後編に分けて紹介する予定です。日米野球でこのブログを参考にしてくれるのを夢見て・・・

 

それではシーユーアゲイン なにもあげん。