インドのピラニア

野球・相撲 時々その他 自由きままに書く インドのピラニアのように

2020年おもしろの振り返り

しっちゃかめっちゃかな2020年が、あと数時間で終わろうとしている。

 

 

 

忘れたい思い出もあるけれども、いい思い出はしっかりと記録しておかないと、こういうことに限ってすぐ忘れちゃうので、一応思い出メモみたいなコンセプトで簡単に振り返ってみるという記事です。

 

 

 

ただ、面白さというものは千差万別。スーモが面白いと思っていても、読者が面白いと思っているものは、一致することが少ないと思うし、実際賛否両論があってこそお笑いだと思うしね。

 

 

 

M-1東京ホテイソン マヂカルラブリー 錦鯉

 

 

 

毎回、M-1の時は我を忘れてTVにかぶりつくんですけど、今年は今年で良かったなぁ。「去年に比べたらレベルが低い」とか「漫才ではなかった」とか言われているみたいですけど、それは出演者の情熱なめんなよって話ですよ。

 

 

 

「面白くはなかったかな」と思う分には全然いいと思っているんですけど、笑えなかったという己の印象を、「レベルが低かった」としてまとめるのは、完全な間違いだと思いますね。好みが合っていないだけの状況を、そんな雑な枠組みで囲うんじゃねぇと。邪推ですけど、そう言っている人は、合コンでも「ブスしか居なかった(笑)」ってかましてると思いますよ。

 

 

 

そもそも、1回でもM-1の3回戦とか見ているのかって話ですよ。Gyaoで毎年上がっている動画見ちゃったら、死んでも「レベルが低い」なんて戯言は出ないですよ。ウケてない人たちよりも「なんで上がれないの???」って思うコンビの方が多いですよ。絶対見てないと思うけど。「レベルが低い」と言っちゃう人たちは。なにせ、MLBのプレー見ても「雑」の一言で片づけちゃいますからね・・・。多分どちらともこう言っちゃう人達って、同じ枠組みに居ると思うんだよね。

 

 

 

M-1で大笑いすることが出来て、私はありがたいなと毎回実感しているんですけども、今年特に好きだったのが、東京ホテイソンマヂカルラブリー・錦鯉が好きでした。特にこの中だと東京ホテイソンが好きでした。

 


東京ホテイソン【決勝ネタ】1st Round〈ネタ順2〉M-1グランプリ2020

 

めちゃくちゃ笑って、会場もドっと沸いたんですけど、これで最下位になってしまうんだと。1番手のインディアンスがまず完璧な空気を作ってるのも、とんでもなくスゴいと思うし、少しシステムに凝らしたホテイソンが、正統派で気持ちよく駆け抜けたインディアンスの方が評価されたのかな。

 

 

 

オール巨人師匠のコメントが「ツッコミは、お客さんの代弁者でなくてはならない」という芯を食いまくった論評も個人的に良かった。この人にこう言われたら、もう腑に落ちるしかないよ・・・。でも、「お客様の代弁者」でないお笑いも、これから市民権を獲得してほしいな。これはありゃりゃ~だった。

 

 

 

マヂカルラブリーは2本とも笑っちゃいましたね・・・。2本目は呼吸がキツくなって、少し「死」がチラつきました。たまに「死」がチラつく位笑える場面があるんですけど、今年はマヂカルラブリーの「電車」だったなぁ。

 


マヂカルラブリー【決勝ネタ】1st Round〈ネタ順6〉M-1グランプリ2020

 

マヂカルラブリーの漫才見て「漫才じゃない」論争が起こっているみたいですけど、お笑いなんてね、未来永劫 「漫才 or Not漫才」の戦いだと思うんでね。ホント今更って感じです。

 

 

 

昔の相撲で、大関の前田山って人が、不世出の大横綱双葉山を張り手をかましまくって勝った時も「これは相撲と言って良いのか???」という論争がありましたから。今見たら、そこまで張ってないんですけど、そんなもんです。相撲ですらこんな論争があるんだから、お笑いなんてもっとその流れが激流にならざるを得ない。そんでもってよりお笑いが進化していくと思う。

 

 

 

それに対して、錦鯉のネタは何も考えずに笑っちゃったな~。恐ろしいことに、まだラストイヤーでも何でもないんだよね・・・。このネタを49歳でやってバカ面白かったのに、ラストイヤーの57歳にやってしまったらどうなっちゃうんだろうね。こんな「人」の塊、絶対勝てないよ。年を重ねるごとに面白くなるお笑いなんて理想だよね。

 


錦鯉【決勝ネタ】1st Round〈ネタ順9〉M-1グランプリ2020

 

もちろん、他のネタも面白かったし、正月三が日はM-1をリピートしちゃうと思うんだけど、やっぱり取り上げるとしたらこの3組かな。

 

 

 

②相席食堂 島田珠代

 

 

 

もう死ぬほど笑っちゃった。毎回腹抱える回と、まじんぎりに失敗した回があるけれども、ジャストミートした時の回って火噴いてますよね。失敗した回は、それはそれで面白いんだけど、特に島田珠代回は個人的に大噴火だった。

 

f:id:mochan9393:20201231221113p:plain

気になった人はamazon prime videoで

 

新喜劇知っている人からしたら、あの人のボケ続けていく流れって通常運転らしいけれども、あれ見ていつも通りだなぁって思うって贅沢すぎるよ。もう逆に不幸。新喜劇の恐ろしさ肌で感じたなぁ。

 

 

 

もったいないことに、この回って青田買いスペシャルとかなんかで、25分位ある旅人の尺が、10分位しかなかったんだよね。その10分でこれって、早く通常尺でやって欲しいという願望ありありですよ。しかも、その前の回でアジャコングが爆ハネしているんだよね。もう、アジャコングを見つけた時点で万々歳なところで、珠代・パンティーテックスなんだからたまげちゃった。

 

 

 

なんて言うのかな・・・。普通の芸人の フリ~落とす のを3段跳びだとするなら、島田珠代は既に反則で7段は飛んでいるし、それも全てホップでしか飛んでいないような、そんな感じでした。オール反則・オールくだらなかった。最高の大人でした。ドキュメンタルも見ていたい。6時間ボケっぱなしなんて簡単に出来るんだろうな・・・。

 

 

 

もうずっと島田珠代が下品で、人を選ぶ笑いなのかもしれないけど、千鳥がこのロケ見終わって「ワシらは何もできん」と白旗あげてた。当然俺も島田珠代に比べたら何も面白くないし、人生駆け抜けてないなぁ・・・。もっと駆け抜けなくては。

 

 

 

③SASUKE バンダイSASUKE部 本間隆史

 


No. 16 本間隆史  SASUKE2020 2020年12月29

 

「フィクションよりもノンフィクションの方が面白い」というのを、どこか頭の片隅に抱え込みながら生きているんですけど、12/29のSASUKEでの、この人の落ち方は腹抱えて笑っちゃった。

 

 

 

絶対フィクションでやったらやりすぎな落ち方をしたんですけど、それが実際ノンフィクションの舞台でお披露目しちゃうんだから恐ろしい。「事実は小説より奇なり」を体現している面白さ。

 

 

 

この人の挑戦しているOA時間が約2分30秒しかないんですけど、その2分30秒ずっと面白かった。バンダイでSASUKE部を作ってしまったという酔狂さ。「次の大会から引退して若手に譲ります」という引退宣言。その後の選手紹介PVで流れる、明らかに練習になっていないぬるい練習。おそらく若手のプライベートを無思慮に奪っているであろう光景。そして、足がついて行っていなさ過ぎる落ち方。全てが面白かった。

 

 

 

そもそも、SASUKEに引退って何だよって話である。そして勝手に引退表明するなって話である。勝手にSASUKEへの応募を止めたら済む話を「引退」とカッコ良く言うんじゃない。誰も惜しんでいない様に見える引退表明は恥ずかしすぎるぞ。

 

 

 

「誰も傷つけない笑い」が今年はフューチャーされたけども、この人は逆で「傷つけたくてたまらない笑い」だった。当然、この人を笑った根源にあるのは悪意しかない。でもその悪意をズームアップしたら「好意」なんだよな。本当にいやなら記事にもしないし、すぐにそんな場面忘れようとするし、死んでも話題に出さないからね。

 

 

 

それにしても、SASUKEって「こんな人居るの!?」と思うくらい、リアクションがオーバーで、いちいち人が汚い池に落ちたら悲しむし、もっと言えばすぐに泣くんですよね。友達と先輩の家でSASUKE見たんですけど、挑戦者が泣くたびに毎回友達が「悪意」しかない大笑いしてて、「でも、こっちが絶対正しいんだよな」と自分を鑑みてました。やっぱりSASUKEやって泣くってどんだけピュアなんだ。

 

 

 

SASUKEを見るたびに、大笑いと「こんな人間居ていいの!?」と体力面・精神面の両面から感じるのはこの番組しかないだろなぁ。

 

 

 

MLB WS4戦目 アロザレナ コケる

 


INSANE ENDING!! Rays' Brett Phillips WALKS IT OFF in World Series Game 4!!

(2:30辺りから見ると良いです)

 

今年のMLBは全てが上手く行ってなくて、野球も雑にHRばかりを狙うようになって、情熱もかなり失ったシーズンとなってしまったけど、WSのこれはよかった。またコケているシーンなんだけど。

 

 

 

この映像もずっと変なんだけど、最初センターが補給をミスっているのも、漫画の世界なんかと思うくらいやりすぎな補給ミスだし、その後ランナーのアロザレナが勢い余って3塁~本塁間でコケてるし、焦らんで捕ればいいシーンで何故か捕手が焦っているし

で、今年のMLBのグダグダ感を象徴しているのかみたいなプレーだった。

 

 

こういうシーンって、みんな真面目だから面白いんだなぁということを再確認。やる気ない人達がバカバカしいミスをしたら、笑いよりも怒りですもんね。

 

 

 

あとレイズの公式が、セーフになる確率の推移を、線グラフでチャートを作成してtwitterに張り付けてるんですけど、これが今年のtwitterの中で一番好きだった。こういう所のアメリカのセンスの良さって、何なんだろうね。

 

 

 

 

 

 

⑤有田ジェネレーション ムラムラタムラ

 

 

 

ムラムラタムラっていう、ちょっと最高のあらびき芸人が居るんですけど、この人が初めて出た有田ジェネレーションが今年の1番笑いました。

 

 

 

この回だけ、有田ジェネレーションのTVerでも再生数が異常だったみたいですけど、そりゃあそうだろっていう位ウケてたし笑っちゃった。

 

 

 

当たり前なんですけど、この時の様子ってyoutubeにある訳無いし、TVerももう残っていないんで、読者もその時の詳細ってまるで想像出来ないと思うんですけど、ムラムラタムラが「もっこりからの りーもこちゃん」ってギャグを一生やってて、小峠がポコチンに蹴りをずっと入れてました。

 

 

全くこの時の熱狂を伝えられそうもないんで、もう早々に諦めるしかないんですが、ムラムラタムラが、その後から準レギュラーみたいになってて、密回避ということで、透明のデカいボールに入りながらTVに出てました。

 

 

 

f:id:mochan9393:20201231215010j:plain

野暮なツッコミ禁止

 

 

 

最高でした。最高じゃない人も居たと思います。でも、俺は最高でした。

 

 

 

【笑ったシーン その他】

 

 

・THE W オダウエダのネタと99点付けた笑い飯・哲夫

 

 

 

コロナウイルスを流出させてしまった中国が、世界各国から計1京円損害賠償を突きつけられるニュース。

 

 

 

ゴールドシップさん びょんびょーん というyoutube動画を見たら、想像の100倍びょんびょーんしていたから

(今年知っただけで、UP日が5年前ということ。惜しくもランク圏外に)

 

 

 


ゴールドシップさん びょんびょーん

 

 

 

以上、今年のお笑いの振り返り終了。2021年の大晦日にまた会いましょう。